スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

必死剣 鳥刺し

朝から雨。まず投票に行ってから映画館へ。

時代劇好きの母と一緒に行ったから「必死剣 鳥刺し」を見ました。

題名みたらちょっと笑っちゃうでしょ?「鳥刺し」って。。

でも内容は重々しいものでした。

現代の会社でも同じかもしれないけど、出来の悪い殿様でも仕えなきゃいけない辛さというか空しさを感じました。

吉川晃司さんの方が主君として立派そうだったのに、対決しなきゃいけなかったんだよね。

でもその吉川晃司さんと豊川悦司さんの対決、渋くてカッコ良かったです。

岸辺一徳さん(大好きなんです)またまた癖のある役柄でした。ほんと嫌な役も似合うようになりましたね。(褒め言葉だよ)

池脇千鶴ちゃんも好きなんだけど、賢い日本女性を演じてましたね。 昔の日本人は立ち居振る舞いが美しいなあ。

洋服になったから足でふすま閉めたりなんかしちゃうんでしょうかね。(それ、私です。。すみません)

【ネタばれ】

最後、豊川悦司さんに斬られた人は「ブシュー」っと血を吹いて倒れていくのに、豊川さんは斬られても斬られてもなかなか倒れない。顔面は蒼白。そして衝撃の「必死剣」が出ます。

「なんであんなに倒れないんだ??」と思ってたら、血まみれもあまり気にならなかった。。

藤沢周平さんらしい、地味だけど大人の映画でした。
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『必死剣鳥刺し』お薦め映画

藩を現代の会社だと考えても十分納得のいく内容である。ラストの壮絶な戦いすら、我が身に置き換えることのできる方がいらっしゃるかもしれない。運命の不条理を描く大人のための時代劇。

コメント

No title
私も見たいと思ってました(^^)
予想に反せずいい映画だったんですね。
『隠し剣鬼ノ爪』も良かったですもんね…
昔の日本人の立ち居振る舞いがいいですね。
現代人が忘れないよう
心をこめて映画を作っているのかなと思います。
  • 2010-07-12│10:53 |
  • gerogero URL
  • [edit]
No title
gerogeroさん
「隠し剣鬼の爪」は見てなかったです。
藤沢周平さんの世界っていいですよね。
ろくに本も読んだことないですけど、いろいろ読んでみたいなと思います。
水戸黄門等のテレビドラマは好きじゃありませんが、時代劇最近好きです。
  • 2010-07-12│20:07 |
  • ふくろう URL
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

ふくろう

Author:ふくろう
ふくろうです。 
大好きな淡路島でのお気楽な暮らしぶりをご紹介します。

最新記事

ふくろうの本屋

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。